きんトレ・クノンボール

クノンボールクノン

きんさんとのトレーニングをヒントに、高齢者の筋肉トレーニングには何が必要か研究し、クノンボールは開発されました。
患者さんのリハビリに取り入れたところ、効果が実感できると話題になり、NHK『おはよう日本』に取り上げられて話題となった健康体操です。

クノンボール運動の特徴

クノンボールチラシ

●ゴムの弾力で筋肉に適切な負荷をかけられる
●バランス感覚を刺激し、脳を活性化させる
●遊び感覚で楽しくトレーニングができる

 

 

クノンボールはこうして開発されました。

きんさん来院

●1986年、久野信彦氏が整骨院を開業。 以後、高齢者を中心に臨床を続ける中で、高齢者のトレーニングの必要性を感じる。

●1998年、105歳となり自力では歩くことができなくなった成田きんさんが来院。 当時高齢者には禁止傾向だった筋肉トレーニングを始め、3カ月で筋肉回復を実証する。

●きんさんとのトレーニングをヒントに、高齢者の筋肉トレーニングには何が必要か研究し、クノンボールを開発。患者さんのリハビリに取り入れたところ、効果が実感できると話題になり、NHK『おはよう日本』に取り上げられる。視聴者から多くの問い合わせを受ける。

クノンボール運動開発者 久野信彦(くの・のぶひこ)先生

久野信彦(くの・のぶひこ)先生

1945年、愛知県生まれ。
名城大学薬学部卒。薬剤師。
1968~1982年、杏林薬品(現杏林製薬)在籍。
柔道整復師。
久野整骨院院長。
故・成田きんさんの運動トレーナーとして注目を集め、現在も高齢者の筋肉トレーニングの指導に力を入れている。著書は、『100歳まで歩ける!クノンボールエクササイズ』(自由国民社)、『老筋力トレーニング&ケアBOOK』(祥伝社)など多数。

 

老筋力-表紙きんトレ表紙クノンボール本クノンボールチラシ2クノンベルトチラシ

 

「からだが良くなった!」喜びの声が続々!

クノンボール感想クノンボール感想